ニュースレター

若葉・九条の会ニュースレター No 61

                          2015. 02.13発行
                             ホームページhttp://wakabaarticle9.com/
                    代表 木村 忠彦043-255-3904
 
若葉九条の会・憲法を読む会設立10周年を記念して講演会を開きます。
お出かけください。
日 時:2015年2月22日(日) 13:00開場 13:30開演16:30終了予定
会 場:千葉市みつわ台公民館 講堂
第1部 女声アンサンブルコーラス“たんぽぽ”
朗読とうた        浪岡浩子さん
第2部 講演:「集団的自衛権で日本は平和になるのか
          <戦争する国>づくりを阻む国民的共同を」
講師:渡辺 治さん(一橋大学名誉教授、九条の会事務局次長)
参加費:無料
 
 
 
定期総会(決算報告・活動方針案審議など)は3月29日(日)14:00から 
みつわ台公民館にて行います。
10年のあゆみに続き “今”と“これから”を話し合いましょう・・・。
当会申し合わせ事項にある通り憲法九条を守りたい方は誰でも会員となることができます。宗教、思想信条、支持政党を超えてご一緒に考え、意見をかわし、他の人の考えを敬意を持って傾聴し、学びあい市民力をつけましょう。会の運営は カンパによって賄われています。
 
「第8回わかば新春平和と文化の集い」開催 
1月25日 都賀コミュニティセンターにて。 
当日の模様です(撮影:アンドリュース ダミエン)
(写真は上から、「タンポポ」、「貝塚中学校吹奏楽部」、「ちばぞうれっしゃ合唱団」「手話グループの皆さんと一緒のフィナーレ」です)
 
 

(写真は左から「伊藤むつ子さんの腹話術」、「竹田賢一さんの大正琴」「浪岡浩子さんのソプラノ」です。

 

交流広場              橋田 克子(都賀の台)

 1月17日、{「女の平和」1・17国会ヒューマンチェーン}に、赤いマフラーと毛糸の帽子を身につけて、国会議事堂に行きました。厳しい寒さの中、集団的自衛権反対、安部政権にレッドカードを!という呼びかけにこたえた赤い女性たちが(心あるオジサンたちも)鎖をつなげました。二重になって輪を作るぐらいたくさんの人が平和を望んで集まっていて、「誰一人戦争に行かせません!」コールをしました。あまりの寒さに負けて、湯川れい子さんのスピーチを背後に聞きながら、帰途に着きました。
 1月25日、辺野古への基地移設反対、オスプレイ配備の撤回を求めて、国会議事堂を囲むヒューマンチェーンに参加。
 17日とはうってかわって穏やかな日和でした。今回は青いものを身につけてということで、青いマフラーをしていきました。全土の0.6パーセントの沖縄に、在日米軍基地の74パーセントを押し付けている現実を、私たちは無視し続けることは許されないと思いました。戦後70年、無責任な政治がずっと続いている日本という国の将来を、いま、私たちひとりひとりが真剣に考えていかなければいけないと、改めて思ったデモでした。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   
 
                                  関口 甫(小倉台)
 2月7日千葉県弁護士会主催の「平和憲法を守り、発展させるため――語り合おう憲法を!」集会に行ってきました。会場の千葉県弁護士会館3Fの講堂は170人の参加者でほぼ満員。講演は上智大学の中野晃一教授(44才)、なかなかいい話が聞けました。
 標題は「国民は集団的自衛権を支持したのか?~~選挙制度と立憲主義~」です。以下箇条書きにしますので、読んでくださった方は一つづつ、よく考えてみてください。
1) はじめに:戦後70年、冷戦後
(1989、11月ベルリンの壁崩壊)四半世紀の世界は今。
・自由主義と民主主義の最終勝利による「歴史の終焉」?→
・国民国家・領域国家の空洞化→代議制の危機
・利益配分の政治→シンボル(情念・アイデンティティ)のマーケッティング→・
・「ナショナリズム」をまとったグローバルな寡頭支配の拡散(宗教を騙ったボーダレスな組織暴力)
2) 日本における「選挙独裁」の現実
・投票率の低下(2000年衆・森政権62.5%から小泉、安倍Ⅰ、麻生、菅、野田、安倍Ⅱ、52.7%へ)傾向。
・「一票の格差」衆、参とも「違憲状態」
・小選挙区(参議院の地方一人区を含む)の問題。多数派支配のふりをした少数派支配の選挙制度。投票率の低下傾向。選挙制度改革から20年経ったのに何一つ実現していない「約束」
・2014年12月の解散総選挙―解散権濫用の疑い(立憲主義の軽視)DV(ドメスティック・バイオレンス)選挙
「集団的自衛権」の語がない選挙公約集。
(2012、2013も「特定秘密保護法」はナシ
3) どうして「この道しかない」ように
なったか。
・1980年代から始まった「新右派転換」
冷戦終期の世界(レーガン、サッチャー、ゴルバチョフ、鄧小平)
・「右派新連合」:新自由主義(小さな政府)と「ナショナリズム」(日本では中曽根内閣)をセットにする。
1980年代半ば~1990年代半ば:
新自由主義と協調的ナショナリズム
1990年代後半(橋本、小渕、森):
新右派連合の変質
2000年代:新右派転換の急展開
2009~2012:新自由主義の民主党政
権・・・▼社会的基盤を欠いた政権党交代の
限界と失敗
▼野党自民党のさらなる右傾化→「中道リベラル」の壊滅、極右衛星政党の誕生、代議制の危機
2012年12月~:新右派連合の暴走
・財界懐柔策としてアベノミクス
・マスコミ・独立機関(NHK、日銀、内閣法制局)の籠絡
・「ねじれ」解消
・立憲主義への挑戦、議会政治の形骸化
・安倍Ⅱ「新しい国へ」TPP、NSC法、特定秘密保護法、靖国参拝、集団的自衛権行使への解釈改憲、朝日新聞攻撃、DV解散
4) なぜ集団的自衛権行使容認のため
の解釈改憲なのか
・「ナショナリズム」をまとったグローバルな寡頭支配
・「専守防衛」「国防」ではなく「グローバル経済秩序」
・国民国家を単位とした立憲デモクラシーからの「脱却」
・目くらましとしてのシンボル操作(愛国心、歴史修正主義)
まとめ:立憲デモクラシーをいかに守りはぐくむか。  〘私たちの信念と責任〙
私たちの代で日本国憲法をこわされて、それを子や孫にわたすわけにはいかない!!
♥ 「メッセージ」は「おこった顔」をしていては他に伝わらない。私たちはどういう社会をつくろうとしているのかを語っていかなければならない。同一性を求めてはいけない。ただ一点一致していればよいのだ。裾野をひろげなければならない。
若い人の声の中にも「この憲法、こわされたら、また始めればいいじゃん」という人もいる。若い人とも話をしよう。
立憲デモクラシーは裾野を広げること。意見の違う人たちとも話ができるようにならなければいけない。
♥ それと「小選挙区制」これを変えなければダメ。民主党の人と話をしよう。
2014 衆議院自民党の議席数290
                     民主党               73
 
相対得票率  自民党    33.1%
       民主党    18.3%
絶対得票率  自民党    17.0%
                          民主党      9.4%
~~~~~~~~~
・ほん
「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」 矢部宏治著 集英社 1200円
 
お出かけ情報
◇安保関連法制の争点を探る「集団的自衛権問題研究会」主催公開研究会
日時:2月17日(火)19:00〜
会場:文京シビックセンター(丸の内線5番)
資料代:500円
 
◆「慰安婦証言、ねつ造ではない」元朝日新聞記者植村隆さんを迎えて
日時:2月17日(火)18:30〜
会場:文京シビックセンター
協賛:週刊金曜日ほか 資料代:1000円
 
▽映画「ひろしま」上映会
日時:2月21日(土)①9:30 ②13:00 ③16:00
会場:市原市勤労会館・YOUホール
チケット前売り 1000円 学生 500円
     当日 1300円 学生 800円
問合せ・予約 080-6505-6074(時田)
原爆投下から8年後に作られたまぼろしの映画・1955年ベルリン国際映画祭長編映画賞受賞作品。
後援:市原市教育委員会他
 
♪ 渡辺治さん講演会
「集団的自衛権で日本は平和になるのか〈戦争する国〉づくりを阻む国民的共同を」
日時:2月22日(日)13:30〜
場所:みつわ台公民館
無料
 
▼ 福島問題を考えるフォーラム2015
日時:2月28日(土)13:00~16:00
会場:船橋市勤労市民センター ホール
福島原発問題を風化させない! 入場無料
講演:「放射能汚染の健康影響―甲状腺検診結果を中心に」種市靖行さん
   「原発事故情報操作の闇」日野行介さん (毎日新聞 記者)
   「原発事故から4年福島は今」武藤類子さん
千葉県活動団体報告
主催福島問題を考えるフォーラム実行委員会
申込み・問い合わせ TEL047-420-2600   FAX047-420-2400
 
◎    映画「日本と原発」上映とトーク
監督:河合弘之(弁護士)
トーク:木村 結
日時:3月7日(土)第1回 10:00~  第2回 13:45~
場所:千葉市生涯学習センター メディアエッグ
上映協力費 1000円 高校生以下無料
予約者優先 TEL    0436-74-6042  FAX    0436-98-5858
主催:原発さよなら千葉 
 
●    九条の会全国討論集会
日時:3月15日(日)13:20~17:00
会場:専修大学神田キャンバス301号室(神田神保町3-8)
参加希望者は木村代表まで(255-3904)

編  集  後  記

いま、私たち日本人は 崖っぷちに向って踊りながら走っているネズミのような気がします。<笛吹き男>は安倍晋三。崖から「バンザイ!」と叫んで飛び込むのかな。

交流広場への投稿をお願いします。川柳、俳句、感想文、大論文、お便りなど。

「若葉・九条の会」の郵便振り込み口座番号は 00130-3-723858 です。(鎌倉)

発行責任者:木村忠彦
編集者:鎌倉淑子(090-9304-1030)

 

 

 

若葉・九条の会ニュースレター No 60

                          2014.12.18発行
                             ホームページhttp://wakabaarticle9.com/
                    代表 木村 忠彦043-255-3904
 
 
第8回わかば新春・平和と文化のつどい(下にチラシのコピーを掲載)
日時:2015年1月25日(日) 13:30~16:00 
場所:都賀コミュニテェーセンター若葉文化ホール工事のため)
 
 
 
 
お楽しみに!
 
みつわ台公民館での例会はありません。
 
近詠十句 大城戸紀子
 
選挙戦ナマズも騒ぐ震度六
どたばたと暮れ掻き回す選挙戦
ネギや団扇でまたも釣る氣か立候補
やすやすと禊はすまい有権者
一票は声なき声の代弁者
島んちゅの基地は要らぬと低力
お隣の団扇が煽ぐ自衛隊
賃上げ増税どこまで保つか知恵袋
バラバラのみんなの党はジョーク好き
へんくつかお笑い見ても腹が立つ
 
 
11月24日「九条の会」集会とパレードに参加してきました
                             木村忠彦(みつわ台5丁目)
 20分程前に着いたが、すでに会場(日比谷公会堂、座席数2000)は一杯であり、多くの人が会場外にたむろしていた。集会が始まった頃には500名ほどの人が、屋外に設営された大型テレビジョンの前に集まっていた。呼びかけ人の奥平康弘さん、澤地久枝さんのスピーチ、各地と各分野の活動報告では、栃木市「太平山麓九条の会」、宮城県で今春結成の「みやぎ青年九条の会」など9つの九条の会が報告した。最後に今日の参加者は会場外も含めて2500名とのアナウンスがあった。
 3時頃からパレードが始まった。千葉県からも「九条の会ちばけん」の旗を始め「四街道・九条の会」「佐倉・九条の会」などの旗の下に40~50名が集まった。最後尾の東京の前が千葉であったが、実際にパレードの順番が回ってくるまでにかなりの時間がかかった。3000人を超えていたのではないかと思われる。集会には参加できなかったがパレードには参加しようという人が集まってきたのではないかと話し合った。私も持参したプラカードを持って「日本を戦争する国にするな」とのシュプレヒコールに唱和しながら行進した。日比谷公会堂から西銀座通りを通って東京駅近辺まで行進して解散した。
 
11/23、12/14日、の定例会は 昭和史と2014年は どんな年であったかをふり返り、自分史もまじえて話し合いました。聞き上手 話し上手になってきました。
 
忘れてはならないこと
<過去を記憶しないものは、再び同じ過ちを繰り返す運命にある>
1941/12    太平洋戦争開戦(真珠湾)
1945/         広島(8/6)長崎(8/9) に 米軍、原爆投下。     
                    日本、ポツダム宣言受諾、 敗戦
1947/ 5   日本国憲法施行
1951/         日米安保条約調印
1954/3    ビキニ環礁で第5福竜丸被爆
1960/1       日米新安保条約調印
1970          日米安保条約自動延長
1972          沖縄施政権返還
1986       チェルノヴィリ原発事故
2001          9.11 同時多発テロ
2003          米英軍イラク攻撃
2004          自衛隊イラクサマワ入り
2006             第1次安倍内閣教育基本法改悪
2009/9     民主党政権成立
2011/3           東日本大震災、福島原発事故 
2012/12      第2次安倍内閣成立
2013/ 7       参議院選挙自民党圧勝
   12     特定秘密保護法成立
2014/5         大飯原発再稼働差止判決
2014/10/7       集団的自衛権行使閣議決定
   11/16    沖縄知事選挙翁長氏当選   
 
        12/14       衆議院選挙 2015年への宿題 
 
私たちには平和のうちに生きる権利がある
そのための道具。みなさん道具を教えて!
1) 原発再稼働をさせないために
2014/5/21 福井地方裁判所「関西電力福井大飯原発再稼働差止判決文
「科学者からの提言・核と人間は共存できるか?」 2014/12/06   池内了さんP.P
       講演とディスカッションの記録DVD あり
若葉・九条の会 副代表崎山比早子さんの仕事と各地での講演  (DVDあり)
2)「集団的自衛権行使閣議決定」撤回のために
・ 自治体議員立憲ネットワーク加入を県議市議など自治体議員にすすめる
・ 2015年4月には統一地方選挙もある。護憲、脱原発の議員を当選させよう
・ 閣議決定には「立法事実」がなく、無効
3)「特定秘密保護法」に対抗
知りたいことは情報公開請求をおこなう
自治体の民主化(市民の側に立つ行政)
世界はどう見ているかー「国際人権基準と秘密保護法」(パンフレットあり)
4)投票率を上げるために
・「日本がもし100人の村だったら」せんきょ版。 池田香代子さん原案 IT にて拡散中。   プリントあり。どなたか紙芝居にしませんか。
5) 国民投票で<現行の平和憲法>を選びなおす有権者になろう。
 
「新・戦争のつくり方」から
政府が戦争するとか、戦争するかもしれない、と決めると、テレビやラジオや新聞は、政府が発表したとおりのことを言うようになります。政府につごうのわるいことは言わない、というきまりも作ります。
 
 
従軍慰安婦問題
 現在のわたくしの拙い理解と意見    都賀の台  鎌倉淑子
 1991年8月14日 韓国のキムハクスンさんが、日本軍「慰安婦」被害者であったことを初めてて名乗り出たことをきっかけにアジア各国の被害女性たちが証言に立ちあがった。<フィリピンのエステリータ・デイさんは1944年14歳の時、市場で日本兵に捕まり、トラックに押し込められて日本軍の駐屯地に連れていかれ、3週間毎日輪姦された。>と証言。
 彼女たちは、日本政府が謝罪すること、事実を認めること、補償をすることを求めている。戦争中の強姦、女性への暴力は犯罪ではなく日常的な行為だといまだ許されており、戦時性暴力犯罪は処罰されていない。しかも、2014年には、南京虐殺の虐殺されたとする人数の細かい数字や、慰安婦問題のニュースソースの信ぴょう性をめぐり、あたかも事実がなかったかのように言われた。(新聞、週刊誌)「日本軍の侵略と戦争犯罪はなかったとしたい。」もしくは醜悪な戦争の美化ではないかと思う。(一国の首相の靖国神社参拝はそのことを世界に公言したことと同じ)。 
 歴史のねつ造ではないか。ハルモ二たちの羞恥心、自分を否定したい気持ちを思うと二度殺されたと同じなのではないか。被害を証言することは本人にとって、再び暴力で犯されたと同じ、人権侵害だと思う。
参考書:『「資料集日本軍「慰安婦」問題と「国民基金」』鈴木裕子著  梨の木舎2013刊
 
 
お出かけ情報               
渡辺 治さん 講演会「戦争する国」を許さない!
12月20日(土) 13:30~
文京区民センター 2F(東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅4b出口)
資料代 500円   080-5376-5710
 
 ◆第7回千葉の子どもを幸せにする教育タウンミーティングこどもたちが活きる学校
12月20日(土)13:30~
千葉市 きぼーる11F 中央保健福祉センター
資料代:500円      043-262-9534
 
四街道市核兵器廃絶平和都市宣言31周年 平和と文化のつどい
12月21日(日)13:30~
四街道市文化センター 大ホール
被爆60周年平和記念作品「NAGASAKI  1945アンゼラスの鐘」(長編カラーアニメーション)上映 800円 小中高生、障害のある方 無料
 
「女の平和」殺し殺されるのはイヤッ!国会をヒューマンチェーンで包囲
2015年1 月17日(土) 13:00~15:00 この間、下記の時間で4回行います。
 ①14:00 ②14:20③14:40④15:00
コート、セーター、パンツ、マフラー、帽子ストッキングなど赤いものを身に着けて
男性の参加歓迎
「女の平和実行委員会」 FAX 03-3511-5784
 
お薦め 映画・本
映画「日本と原発」河合弘之 弁護士海渡雄一 弁護士作成のドキュメンタリ
・ 本「沖縄の<怒> 日米への抵抗    ガバン・マコーマック+乗松聡子著
     2013/4 刊 法律文化社 2800円   
 
編集後記
・12月9日 夕方6時から 都賀駅で14日の投票を呼び掛けるチラシを配りました。寒くて家路を急ぐ人たちには迷惑そうでした。「選挙権ありますか?」と声をかけると、「ないよ!」「えっ?」「在日だから」戦後すぐに生まれたくらいの年齢です。日本で育ち、働き、税金を納めてきたと。私たちの国の政府はひどい、したがって私たちもひどい人々。
・若い男性に「選挙に行きますか?」とききました。「もうどうでもいいから行かない。今日 仕事を辞めてきたから。家に帰り寝るのが夜12時、翌日には5時半までに仕事場に行かなければならない。もう死にそうだから仕事辞めてきた。」
・沖縄の選挙結果をじっくり見ました。
「若葉・九条の会」をつくって10年です。沖縄の智慧、たたかう思い!
 
発行責任者:木村忠彦
編集者:鎌倉淑子
若葉・九条の会
若葉区みつわ台5-41-6 木村方    TEL : 043-255-3904