ニュースレター

若葉・九条の会ニュースレター No 105

                         2022.6.15発行
 
                                                         HP http://wakabaarticle9.com
                                                 発行責任者:木村忠彦  043-255-3904
              
6月定例会 お知らせ
       
日 時:2022年6月26日(日) 午後2時~4時30分
 
会 場:みつわ台公民館 講堂
 
内 容:「第20回 語り継ぐ」 
 
今年から「戦争を語り継ぐ」プラス「憲法とわたし」とします 

    
話す人:大網白里市在住 吉川 等さん 
 
憲法第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、 
ひとしく教育を受ける権利を有する
            在職中はいつも憲法の基本的人権をベースにとりくむことが多かった
   
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
参議院選挙は
 
6月22日公示 7月10日投票です
 
岸田政権、米国バイデン大統領に 自分の運命を預けるわけにはいきません。
 
①  選挙公報で候補者の政策を見極める 直接本人に聞くこともできる 
 
②  憲法を変える人(緊急事態条項創設・自衛隊明記)に投票しない
 
③  私たちの税金で軍事費を増やす人に投票しない 福祉重視の政党は?
 防衛費5兆円 ➡ 大学授業料無料、給食費無料、医療費負担ゼロ
 
④  武力によらない平和外交を行える政党 緊張をやわらげ先制攻撃をしない
 アメリカの戦争に巻き込まれないようにする
   武器を供与しないし 武器見本市に反対 私たちは、物騒なものは持たないので
 敵基地攻撃能力を持つ、核を(米国と)共有する、という政党に投票しない
 
⑤  原発は稼働していなくても 原爆になるから、即廃炉 再稼働はとんでもない
 
私たちの願いは平和のうちに生きること  平和って どんなこと?
        
ご飯、勉強、遊べるってこと
        
家族がいっしょにいること
       
自分が思っていることを 言えること
 
 
JR千葉駅前、 時間帯12:30~13:30 で スタンディングアピール
 
下記の予定で行います
 
6/8(水)  6/11(土)  6/15(水)  6/19(日) 6/22(水) 6/25(土)
6/29(水)  7/3(日)  7/6(水)   7/9(土)

 
【総会報告】4/24 参加者:16名
      みつわ台公民館講堂
 
舩澤弘行さん講演
 
「侵略戦争に日本国憲法は無力なのか?」から
 
☆ 戦争の実態を踏まえて、交戦権も武力も持たないことを規定した憲法9条の効果
 
(1)戦争に加担しない
朝鮮戦争(1950)ベトナム戦争(~1970)
湾岸戦争(1990)アフガニスタン(2001)
対テロ戦争に参戦拒否
 
  (2)侵略の口実を与えない
 
(3)自衛隊の矛盾 実態は世界5位ともいわれる軍事力
 
☆ 第2次安倍政権以降の憲法改正案とは?
 「緊急事態条項」は不要。悪用の危険性大
 パンデミックには法律で十分対処できる
 「9条の今日的、世界的価値」
 
参考資料:「現代ロシアの軍事作戦」小泉悠著
    「物語 ウクライナの歴史」黒川祐次著

総会議事
 
議長に大城戸紀子さんを選出して
2021年度活動報告、決算報告、2022年度活動方針案、予算案を審議、採決、承認。

【用語解説】
 
ネオナチ Neo は 新の意味
1933年から1945年 ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)の理念の復興運動を行う
 
ネオコン Neoconservatism 新保守主義
米国ブッシュ大統領の頃から盛んになった考え方
 
抑止力 攻めてきたらこうやり返すからせめないほうがいいよという原語。戦争になったら戦うという話ではない。危なくなってぶつかったら最悪の状態になる。安全保障のジレンマといわれる。「抑止」と「安心供与」がセットになっていなくては「抑止」はきかない。その意味からも憲法9条を壊してしまうと安心供与のタガが完全に吹っ飛ぶわけです。
それによって抑止に頼るしかない政治になっていく。2022/5/3 憲法集会での中野晃一さんの発言
    
5/22拡大世話人会報告 参加者:9名
                               千城台公民館
 
【問題提起】
 
木村 「ロシアのウクライナ侵略と日本の針路」
 
鎌倉 「ハトの顔をしてタカの政策をすすめる岸田政権」
 
ロシアのウクライナ侵略を理由に日本の岸田政権、マスコミが煽る現在の社会状況について話し合い。
 
① 日米同盟の強化
 
② 米国からの武器買い入れ、武器見本市開催
 
③ 軍事費をGDPの2%とする
 
④ 9条改憲 緊急事態条項創設
 
⑤ 敵基地攻撃能力→専守防衛の否定
 
⑥ 核共有論
 
対して
日米安保に頼れば安心か?
軍事vs軍事は 軍拡競争をまねくだけ
外交対話、相互の歩みよりと妥協により解決。
「核共有論」ではなく
 
核兵器禁止条約 への努力を!
 
2017年にNGO ICANの活動が評価されノーベル平和賞を受賞。被爆国の日本がなぜ参加しないのか。
 
2021年1月22日 発効(59ヵ国批准)
 
核保有国(米 英 仏 中国 ロシア)反対。日本、韓国など米の核の傘下の国不参加。
 
南半球はすでに非核兵器地帯。
 
日本政府は締結国会議へのオブザーバー参加を行い、核兵器禁止条約の署名・批准に向けて
核政策を根本から転換すべき。
 
東南アジアにおける友好協力条約(TAC)第2条から
 締約国は、その相互の関係において、次の基本原則を指針とする。
・意見の相違又は紛争の平和的手段による解決
・武力による威嚇又は武力の行使の放棄
 
ケニア国連大使の演説から
「私たちの国境は私たちが自分で引いたものではない。・・・しかし我々は受け継いだ線で国境を定め民族、人種、宗教の同質性に基づく国家を追求していれば、何十年も血にまみれた戦争を続けることになっていた」


書評 
 
『日米同盟・最期のリスク』布施祐仁著 
 
日米安保条約は日本を守るものではない     創元社2022/5 刊 千葉市図書館蔵
 
 内閣府の調査によると日本人の約8割が日米安保条約(安保条約)は日本を守るために存在していると考えており、著者もかっては何の疑いもなくそう信じていたそうです。しかし著者は安保条約や在日米軍について取材しているうちに安保条約は却って日本に危険をもたらすものであることを示すいくつもの文書にぶつかりました。
 
 本書は著者が過去20年間の取材と情報公開法によって得た一次資料に基づいて日本がアメリカの戦争に巻き込まれるという日米同盟のリスクを実証的に描いています。「米中対立」の時代に入った今、「いざとなったらアメリカが守ってくれる」「アメリにくっついていけば大丈夫」という「安保神話」はもはや通用しないことを確かな裏付けをもって示しています。著者は本書を日米同盟を冷静に見つめ、日本が米中戦争に巻き込まれる最大のリスクを乗り越えることができるよう役立てて欲しいと述べています。
 
 本書は日米同盟の実態の変遷を 1960年代(三矢研究)、1970年代(日米共同作戦計画)、1980年代(シーレーン防衛)、1990〜2010年代(日米軍事一体化)、2010年代〜(米中対立と核ミサイル戦争)、に分けて解説し、最後に「日本を再び戦場にしないために」で結んでいます。この歴史は日本の平和憲法がアメリカの軍事的要求に対する防波堤になっていたことを示していますが、同時にそれが徐々に崩されていっている歴史でもあります。
 
 現在はどうでしょうか?九州南方から台湾北東へと連なる日本の「南西諸島」が今ミサイル配備の最前線となっています。沖縄県選出の伊波洋一参議院議員はこの南西諸島のミサイル配備はアメリカの対中戦略に基づいて行われており、島を守るものではなく逆に島を戦争に巻き込むものだと警鐘を鳴らしています。
 
 『琉球新報』のスクープによると米政府関係者が、新たに開発する中距離弾道ミサイルを沖縄だけでなく日本全土に大量配備する計画があることをロシア大統領府関係者に伝えていたそうです。これは日本防衛のためではなくアメリカの国益と覇権を守るためのものであることを認識し、「安保神話」から脱却する必要があると著者はいいます。
 
 最後に著者が繰り返し警告していることを引用しておきます。
 
 いま、アメリカは自らの世界制覇権を脅かす存在になりつつある中国を封じ込める「防壁」として、日本を世界戦略の中に位置づけようとしています。そして自民党政権は、アメリカと「一蓮托生」といわんばかりに、自ら進んで「防壁」としての役割を果たそうとしています。しかし、万が一にもアメリカが中国と戦争する事態になれば、「戦場」となるのは日本なのです。(中略)戦場となったときに圧倒的に死ぬのは日本人なのです。
 
 日本人が自らの手で平和を作り出す選択肢はあるのです。
 
 いま日本が行うべきは「抑止力」の強化ではなく、緊張を和らげ衝突を予防する「仲介外交」の促進です。
         
                         西都賀・崎山比早子



近 詠 5 句
 
怖気立つ今の時代にジェノサイド
 
プーチンの罪科冥罰どんと科せ   
 
プロパガンダこの日本にもあったこと
 
軍拡のいたちごっこが浅ましい
 
反撃能力名を変え世論チトかわし
        
                 みつわ台 大城戸紀子


お 出 か け 情 報

千葉市平和のための戦争展
ピースフェア2022 in 千葉 憲法と戦後77年

6月22日(水)~26日(日) 10:00~17:30     最終日は16:00終了
 
Qiboll(きぼーる)1階アトリウム 入場無料

主催 ちば・戦争体験を伝える会
代表:市川まり子 080-5017-1584
千葉空襲と戦争を語る会
代表:千葉 通子 043-231-2419
後援:千葉市 千葉市教育委員会
   朝日新聞千葉総局 千葉日報社
   東京新聞千葉支局 毎日新聞千葉支局
   読売新聞千葉支局
協賛:千葉市民活動センター活動部会

2022年度世話人と担当者は下記です
どうぞよろしくお願いします
 
小野寺 力     (みつわ台)
鎌倉 淑子     (都賀の台)
木村 忠彦     (みつわ台)
坂本 政美     (美浜区)
崎山比早子     (西都賀)
神保 義信     (千城台南)
浪岡 尊志     (高品町)
渡辺 正史     (加曾利町)
----------------------------------------------
会計担当 坪井はるか  (都賀の台)
会計監査 関口  甫  (小倉台)
HP担当   崎山  樹      (西都賀)
 
♡ お便りをお寄せ下さい
 近況、感想文、本の紹介、俳句、川柳など
E-mail :このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
FAX : 043-252-1852 (鎌倉)
郵 送 :264-0032千葉市みつわ台5-41-6  木村忠彦
 
♣ カンパをありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします
郵便振替番号は 00130-3-723858
「若葉・九条の会」です
 
DVD・本を貸し出します
 
DVD  ・ 荒野に灯をともす(1時間28分)
                ~医師中村哲 現地活動35年の軌跡~
    ・中村敦夫・朗読劇「線量計が鳴る」

 本   ・「自民党改憲案にどう向き合うか」 飯島滋明他編
     ・「日米同盟・最後のリスク」 布施祐仁著
 
貸出期間:原則2週間
返却時郵送料のみご負担ください。返送先は、発送時に明記します
申込先 090-9304-1030 鎌倉
 
若葉・九条の会 ニューズレターNo.105
2022/6/15 発行   編集人:鎌倉・崎山(比)
発行責任者: 木村忠彦
千葉市若葉区みつわ台5-41-6
 

 

若葉・九条の会ニュースレター No 106

                       2022. 8.19発行
 
                                                       
 
                                                                     HP http://wakabaarticle9.com
 
                                                                   発行責任者:木村忠彦 043-255-3904
              

     
8月定例会 お知らせ


暑 気 払 い ミ ニ コ ン サ ー ト
 
日 時:2022年8月28日(日)午後2時~4時
 
会 場:みつわ台公民館 講堂
 
無 料

前半「けんぽう紙芝居 檻の中のライオン」 
 
・「大江戸玉すだれ」 ・朗読 ・腹話術
 
・ギター演奏とトークと歌(角谷信一さん)  飛び入り歓迎
 
―― 休憩 ----
 
 後半 みんなで一緒に唄いましょう             
 
歌詞カードを用意します

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
8月は戦争と平和を考える月             
 
 
 ◇ 1945年3月~6月      沖縄戦
 
 
◇ 1945年8月6日午前8時15分   広島に原爆投下 
 
 
     9日午前11時02分    長崎に原爆投下
 
            14日          ポツダム宣言受諾決定
    
          15日                         敗戦
 
 
 



♯ 9/3 (土)スタンディングアピールは
 
 
 
JR 千葉駅前 午後5時~6時( 時間:要注意)
     
 
 
テーマは (安倍元首相の) 国葬 反対
 
 
 
 
9月25日(午後2時~4時30分)例会予定

          
みつわ台公民館講堂
 
 
 
6月26日拡大世話人会のパート Ⅱ
 
 
憲法20条【信教の自由】をあらためて読む

                     
思想・信条の自由、政教分離について
 
 
旧統一教会「世界平和統一家庭連合」と政治家の関係などについて討論
 
 
相互学習資料として自民党の改憲案で憲法はどうかわる?を用意します


 
【7/24拡大世話人会】 参加者:13名  みつわ台公民館講堂
                                                                                                                                              「参議院選挙結果を受けて、九条の会のこれからを展望する」
 
☆ 資料:選挙結果の分析記事ほか
  以下話し合ったこと
 
(1)千葉選挙区(3人区)の結果
   ・4位に維新の会候補が入ったことについて
 
(2)全国選挙結果
   ・野党共闘がうまくいかなかった
   ・SNSの影響力について
   ・一人区は沖縄・青森・長野のみ
    検証が必要
   ・40代以下の投票行動について
   ・結果として改憲勢力に3分の2を許す
   ・投票日前の安倍事件の影響

「九条の会のこれから」まで議論が出来なかったので続編を行う
 
旧統一教会、「世界平和統一家庭連合」と信教の自由、政教分離について議論が沸騰。
 
憲法20条【信教の自由】をよく読むこを宿題にした.。

 
<当日配布資料> から
 
孫崎享 日刊ゲンダイ 7/7日付より
 
参院選後、護憲グループは何をなすべきか
 
(日本の世論は)ウクライナ問題を一つの契機
 
として武力行使容認の方向に誘導される。
 
護憲グループは、武力を使わないことを主張す
 
ると同時に、武力紛争の可能性を持つ国際問題
 
は、平和的解決の可能性を有している、と説明
 
すべき。ウクライナ問題でも、東アジアにおい
 
ても。外交的解決で武力紛争を回避することは
 
可能である。

 
 
原発が 原爆になる おそろしさ

             (乱鬼龍 作)
 
 ニュースレター毎号見ています。皆さんの熱心な活動に励まされています。ボランティアの仕事で水道橋駅
 
くのたんぽぽ舎へ行っています。そこで「傑作な川柳」が公表されたので皆さんに知っていただきたく投稿
 
ます。
 
 「原子力の平和利用」はウソです。原発を早く止めましょう。東海第二原発を2024年9月
 
再稼働させるな!                          みつわ台 柳田 真
 
 
 
 
行 っ て き ま し た
 
7/29 九条の会事務局学習会講演
 
渡辺 治さん
 
参院選の結果と改憲のゆくえ
 
・岸田自民党は対米追従下の軍事大国化
 
(出発点は安倍政権)
 
・<日米両国は台湾海峡の平和と安定の重要性を強調し・・・> 日米共同声明
 
・「敵基地攻撃能力」保有。
 
・防衛費対GDP2%
 
・改憲、9条破壊の加速化
 
・野党共闘分断(一人区11しか一本化できず)
 
・憲法審査会での議論の集約をはかる
 
*国民は動揺し迷っている
 
*9条改憲は軍事大国への道と警戒している
 
軍事力と軍事同盟ではアジアと日本の平和は実現できない。
 
では、どうやって日本とアジアの平和を実現するのか?
 
憲法堅持宣言、核兵器禁止条約批准、核軍縮、通常軍備軍縮締結のイニシアティブ。
 
 
北東アジアの共同体をアメリカを含めて作る
 
9条を活かす日本を創る事業
 
*今、市民に必要な行動➡ 改憲発議を許さない市民の大運動(9条を蹂躙する大軍拡と明文改憲に立ち向かうこと。)
 
明文改憲は戦争する軍隊となった自衛隊を合憲とする企み。
 
                           (報告:鎌倉淑子)



 
 
 
大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 髙村薫 島薗進

 
 去る7月8日、奈良市内で参院選の応援演説中だった安倍晋三元首相が旧統一教会に恨みをもつ暴漢に銃撃さ
 
れて死亡した事件は、治安の良さを内外に誇ってきた日本国民に大きな衝撃を与えた。
 
  
 しかしながら凶行以上に国民を困惑させたのは、80年代、90年代に悪名高い霊感商法で社会問題化した
 
取・収奪常習の宗教集団、統一教会が、名称を変えて21世紀の日本で営々と生き延びていたこと、そして
 
の入信で苦難の人生を強いられた子どもたちの実態が事件によって浮かび上がったことである。
 
 逮捕された容疑者は子ども時代に母親の入信で実家が破産して以降、社会の底辺で逼塞しながら旧統一教会
 
への恨みを募らせ続けたとされている。搾取・収奪常習の教団の信者とその家族は、その特異な価値観のせい
 
で一般社会に受け入れられることはない。そのため二世・三世は精神的・経済的に追い詰められていることが
 
多い。

 
 私たち世界平和アピール七人委員会はまず、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)による欺瞞的な勧誘や高
 
額の献金がかくも深刻な社会問題であったにもかかわらず、今日まで等閑にしてきたことに、日本国民として
 
深く恥じ入る。そしてさらに、安倍元首相の祖父である岸信介元首相にまで遡る政治家と旧統一教会の深すぎ
 
る関係にあらためて思いをはせ、安倍元首相の国葬を含めて強烈な違和感を新たにするものである。
 
 
 少なからぬ国民を脅し、騙し、強制し、多額の財産を奪い、家族を崩壊させてきた宗教団体の存在は間違い
 
なく社会の治安をゆるがす問題であり、これを信教の自由で語ることはできない。そのような宗教団体である
 
旧統一教会に、いま現在、元首相や現職閣僚を含む約100人超の政治家が関わりをもち、選挙で多大な便宜
 
を図ってもらっており、何が問題だと居直る者もいる。批判の的になっていた「統一協会」名を隠すことにな
 
った名称変更が長年認められなかったのに、文化庁によって認められた2015年当時の文部科学大臣は、深い関
 
係がこのたび明らかになった一人だった。選挙で勝つためには国民の苦難を顧みない政治、国民への加害をい
 
とわぬ宗教団体に寄生する政治と言っても過言ではない。
 
 
 当然ながら、弱い立場に追い込まれる国民の幸せも、公共的な意思決定を目指す民主主義も彼らの目には入
 
ていない。安倍元首相が晩節を汚した森友問題や桜を見る会の公私混同も、またあるいは困窮者の再起を阻
 
日本社会の冷たさも、公共の正義を等閑視する政治がもたらした帰結である。
 
人間のあるべき道義として、旧統一教会に寄生する政治家の即退場を求める。
                           
連絡先:http://worldpeace7.jp


 
お 出 か け 情 報

▽ その改正、必要ですか?~~~~憲法カフェで語ろう
 
 日 時 : 9月17日(土)10:00~12:00
 
会 場 : みつわ台公民館 会議室
 
申込み : 市民ネットワークわかば
      
        ☎ 043-284-2339

 
▽ さようなら戦争 さようなら原発 9.19大集会
 
 
日 時 : 9月19日(月・休)      
                   
                   午後1時30分 開始
 
 
会 場 : 代々木公園野外ステージ     nB地区 ケヤキ並木

 
DVD・本を貸し出します
 
DVD  ・ 荒野に灯をともす(1時間28分)
  
         ~医師中村哲 現地活動35年の軌跡~
    
 
    ・中村敦夫・朗読劇「線量計が鳴る」
 
 
 本   ・「自民党改憲案にどう向き合うか」
                飯島滋明他編
     ・「日米同盟・最後のリスク」
                                                   布施祐仁著
     ・どうぶつむらのせんきょ
              
                            チームふくろう著
 
 
紙芝居   ・檻の中のライオン
                楾 大樹 作
 
貸出期間:原則2週間
 
返却時郵送料のみご負担ください。返送先は、発送時に明記します

申し込み先 090-9304-1030 鎌倉

 
 
♡ お便りをお寄せ下さい
 
近況、感想文、本の紹介、俳句、川柳など
 
E-mail :このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
 
FAX : 043-252-1852 (鎌倉)
 
郵 送 :264-0032千葉市若葉区
 
みつわ台5-41-6 木村まで
 
 
土地規制法の基本方針案にパブコメを送ろう
 
・期 間:7/26~8/24
 
・郵送先:100-8914東京都千代田区永田町1-6-1
 
 
内閣府政策統括室(重要土地担当)
 
封筒表面に「重要土地等調査法に関連する基本方針案に関する意見」と朱書きすること。
 
インターネットでも出来ますし、間に合います。
 
問合せ、提出用紙が欲しい方は鎌倉(090-9304-1030)まで。

 
♣ かンパをありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします
 
郵便振替番号は 00130-3-723858 「若葉・九条の会」です

----------<安倍政権 負の遺産>---------
 
1. 教育基本法改悪(2006年)
 
2. 特定秘密保護法制定(2013年)
 
3. 武器輸出禁止三原則を撤廃、防衛装備移転三原則を閣議決定(2014年)
 
4. 集団的自衛権の閣議決定(2014年)
 
5. 安保法制の強行採決(2015年)
 
6. 森友学園問題発覚(2017年)かかわっていたら議員をやめると表明。★赤木俊夫さん自死
 
7. 加計学園問題発覚(2017年)
 
8. 桜を見る会表面化(2019年)
 
9. 武器爆買い6.7兆円
 
10 . ミサイル基地化(南西諸島)
 
11 . 敵基地攻撃論展開(2020年)
 
12 . 核共有発言(2020年9月)
 
13 . 虚偽発言118回、つまり噓つきということ。

 
 
 
主なものだけで13も。もう書ききれません。
    
 
よって国葬を認めることは出来ません。

 
若葉・九条の会 ニューズレターNo.106
 
2022/8/19 発行   編集人:鎌倉・崎山(比)
 
発行責任者: 木村忠彦
 
千葉市若葉区みつわ台5-41-6