ニュースレター

 

若葉・九条の会ニュースレター No 79

                          2018.2.16 発行
                             ホームページhttp://wakabaarticle9.com/
                    発行責任者 木村 忠彦043-255-3904
 
 
2月例会ご案内
日   時  2月25日(日)午後2時~4時30分
会   場  みつわ台公民館 集会室(和室) 椅子を用意します
DVD「9条改憲って何?」―19分―
(インタビューを受ける人:伊藤真 弁護士・柳沢協二 元防衛審議官・井筒高雄 元自衛隊レンジャー隊員)
―を見て、今私たちがいだく疑問、心配なことを出してみましょう。話し合うことで、展望が開けるのでは?  
 
第13回 総会を開きます。
激動の1年と言っていい2017年度活動報告・会計報告・2018年度活動方針
予算案を審議します。お集まりください。
日   時 3月25日(日)午後2時~4時30分
会   場 みつわ台公民館 集会室
 
第11回 わかば新春平和と文化のつどいが1月21日若葉文化ホールで開かれました。
最後の全員合唱「翼をください」「ふるさと」はオーケストラの伴奏で歌いました。
当日の写真
 
 
 
交 流 広 場  
第11回わかば新春平和と文化のつどいコンサートに行って    西都賀・信太和子
 今回で11回と聞いてもう11回目を迎えるのかと歴史の重みを思い感慨深いものがありました。回を重ねる毎にプログラムの内容も豊富になってきて、楽しませていただきました。いつもの腹話術もかわいかったです。第2部のYaeさんは、初めて、生演奏で聞かせていただきました。親の七光りかと思っていましたが素晴らしい歌声で、とても感動しました。Yaeさんを招致されたスタッフさんに感謝いたします。
 コンサートとしては、大変良かったと思いますが、9条の会としての主張が感じられなかったのが淋しい気がしました。10年前と比べて、世相が騒がしくなってきている現在ますます9条の会の存在が大事な時になってきていると思います。このコンサートが来年も再来年もいつまでも続きますよう願っております。
 
沖縄名護市長選挙 稲嶺市長(現)が負けた どうしてだろう? 千城台北・渡辺政一
 米海兵隊基地の辺野古移設反対を訴え続けてきた稲嶺市長が、選挙に敗れた。2月4日夜見ていたTv画面に“ニュース速報 渡具知候補当選確実”がくっきりと浮かび上がってきた。稲嶺市長が負けた。
 名護市長選挙結果はどうなったろうか?とソワソワしていた私だが、負けることはないだろうと思ってはいたが少々落ち着かない気持ちでいたときのことだ。公明党が辺野古移設容認の渡具知候補支持を表明し、又自民党の小泉進次郎氏の応援演説が評判であったことなど稲嶺候補に不利な情報を聞いてはいたが、世論調査では60%以上の人々が稲嶺候補支持と報道されていたので、まさか負けるとは思えなかった。辺野古周辺の大浦湾はサンゴ礁が広がり、ジュゴンの餌がなる海草が生える美しい海だ。ここに土砂を流し込み、大きなコンクリートブロックを放り込み、飛行場や軍港をつくるなど、過酷な沖縄戦を経験し、今も気ままに上空を飛び回る米軍機に悩まされている沖縄の人々が容認するはずはなかろうに。
 辺野古移設に抵抗する先頭に立つ翁長知事と稲嶺名護市長を沖縄県民と共に日本国市民が支えていけば、移設を阻止できたかもしれないのだが、名護市長の後ろ盾を失った翁長知事には厳しい日々が来ることだろう。手元にある宝焼酎に梅干しを入れお湯割りにしてガブリと飲む。そして又。厳しい反省をしなければならないだろう。                
 
名護市長選の結果について思ったこと        みつわ台・琉風
 辺野古新基地建設工事反対を訴えて、立憲・民進・共産・社民・自由・沖社大の野党が推した現職の稲峰氏が3選ならず、自民・公明の与党と維新が推した建設工事を事実上容認する渡具知氏が初当選したことは、とても残念でした。でも、名護市民の方々が選択した結果なので、仕方がありません。新聞報道によると今後、新基地建設工事で国(政府)が、名護市長の「同意」を必要とする工事や作業(川の流路変更・辺野古ダム周辺土砂の採取・辺野古漁港の水域生物調査、辺野古漁港の資材置き場使用)があるそうです。2月8日に就任した渡具知市長によって、これらが同意され、工事が加速しないか不安です。この秋には、沖縄知事選挙も予定されているので今後、どうなっていくのか、注視したいと思っています。
 
2018年2月7日
 
米国の「核態勢の見直し」と河野外相談話との撤回を求める 2018年2月7日
世界平和アピール七人委員会
武者小路公秀 大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 髙村薫 島薗進 
 
 米国のトランプ政権は、昨年から検討を進めてきた「核態勢の見直し(NPR)」を2月2日(日本時間3日)に公表した。その内容は2010年のオバマ政権の「核態勢の見直し」を否定し、歴史の流れを逆行させるものである。特に、小型核兵器を開発し、通常兵器など核兵器以外による攻撃に対しても核兵器使用がありうるとしたのは、世界の核軍拡を加速させ、相手の核攻撃も誘発させるものである。これでは他国の核兵器の放棄を実現させようとの政策と整合性がない。
 この度の政策は、昨年成立した核兵器禁止条約に真っ向から挑戦するものであり、米国も加盟している核兵器不拡散条約の、核軍備競争の早期停止と核軍縮についての誠実な交渉の約束にも明らかに違反するものである。
 核兵器による放射能被害は小型化しても全世界に及ぶものであって、核戦争により安定した平和をもたらすことはできない。どのような条件の下でも、すべての核兵器は使用も威嚇もしてはいけないのである。
 ところが河野太郎外相は、直ちに「高く評価する」との談話を発表した。これは、広島と長崎の被爆以来、被爆者を中心にして日本国民が一貫して追求してきた核兵器廃絶を目指す努力を否定するものである。さらに毎年8月に行われて来た広島と長崎における式典時やオバマ大統領の広島訪問時の、安倍晋三首相自身の発言とも明らかに矛盾する。
私たち世界平和アピール七人委員会は、トランプ政権と安倍政権に抗議し、「核態勢見直し」と河野外相談話との撤回を求める。
連絡先:http://worldpeace7.jp 
                                インターネットより転載
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「安倍九条改憲NO!」の署名活動に「若葉・九条の会」も取り組んでいます。ご協力をありがとうございます。
2月15日現在で281筆集まっています。引き続き、丁寧に話し合って、理解を深めて署名を集めましょう。
次回集約は4月15日です。
 
お 出 か け 情 報
日本外交の在り方・新しい日本外交を切り開く
2月19日(月)18:00~21:00
講師:猿田」佐代さん
会場:スペースたんぽぽ舎ダイナミックビル4F
JR水道橋駅西口5分     
TEL:03-3238-9035
 
「共謀罪廃止法案を審議せよ!」院内集会 
2月21日(水)12:00~14:00
場所:衆議院第二議員会館1F第一会議室
資料代:500円
共謀罪の導入による監視社会の強化
斎藤貴男さん
国会議員:立憲民主党・民進党・希望の党・共産党・社民党・自由党
主催:ブッ飛ばせ!「共謀罪」百人委員会
 
千葉市民革新懇連続学習会「国会情勢と安倍九条改憲NO!3000万署名のたたかい」
2月22日(木)18:30~20:00
千葉市民文化センター 5F セミナー室
講師:斎藤和子さん
 
止めよう!安倍政権が煽る米朝戦争の 危機
2月24日(土)18:30~20:30
 
講演:半田滋さん(東京新聞論説編集委員)
韓国からのゲスト
場所:文京区民センター3F資料代1000円
呼びかけ団体:許すな!憲法改悪・市民連絡会」ほか
 
3・1ビキニ記念の集い2018会場:
2月24日(土)14:00~17:00
日本青年館 8F会議室
03-3401-0101 地下鉄銀座線 外苑前A3番出口  
 
未来へと伝えたい――核の被害を乗り超える
講演:トム・D・キジナー(駐日マーシャル諸島共和国大使)
大石又七(第五福竜丸元乗組員)
 
辺野古新基地建設NO!! 護岸工事・土砂投入で海を殺すな~~~首都圏大行動~~
2月25日(日)場所:東池袋中央公園(池袋サンシャイン60ビル隣り)14時集合  15時デモ
主催:2.25首都圏大行動実行委員会
 
 図書館九条の会 学習会
3月4日(日)13:30~15:30
会場:日本図書館協会研修室
中央区新川1-11-14 地下鉄日比谷線
茅場町下車1番出口350m亀島川渡る
演題:日本国憲法の核心を考える
講師:伊藤真さん 参加費:無料
 
日本国憲法と現代日本
3月14日(水)18:00~21:00
講師:高橋哲哉さん(東京大学大学院教授)
会場:スペースたんぽぽ舎ダイナミックビル4F     
JR水道橋駅西口徒歩5分 
参加費:800円    TEL03-3238-9035
 
3月21日(水)春分の日
代々木公園B地区
11:30 出店ブース12:30 開会コンサート
13:30 発言 鎌田慧さん・落合恵子さん 福島から 被爆労働者から 避難者から
15:00 デモ出発
 
後記 投稿・カンパを、よろしくお願いします。
☆ 郵便振替口座番号00310-3-723858
 
 
 

 

若葉・九条の会ニュースレター No 80

                          2018. 4.20 発行
                             ホームページhttp://wakabaarticle9.com/
                    発行責任者 木村 忠彦043-255-3904
4月例会ご案内
日 時 4月29日(日・祝) 午後2時~4時30分
会 場 みつわ台公民館 第1会議室
内 容 DVD「コスタリカから学ぶ平和と民主主義」(58分)を観て、
 本当の幸せな市民生活と安全保障とは? 
 
・若葉・九条の会は2005年5月発足以来、ニュースレター発行、定例会を軸にみなさまの支えによって、活動を継続してきました。去る3月25日に第13回総会を開きました。今、世界に誇れる私たちの平和憲法が壊されそうです。
 
2018/4/14  官邸前25000人 集会に呼応して 千葉駅前でも呼びかけ運動を行いました。
 
 
――――<ご予定ください>―――――
・5月例会 日 時  5月27日(日)午後2時~4時30分
       会 場  千城台公民館1階セミナー室(お間違えなきよう)
       内 容  若手弁護士を囲んで「憲法 Café」
                                                       ~~~私たちの暮らしと憲法~~~
 
・6月例会 日 時     6月24日(日)午後2時~4時30分
       会 場  みつわ台公民館 講堂
       内 容    「原発ゼロ社会は本当に実現できるか?」
             ~~原発と自然エネルギーをめぐる現状と課題~~
       講 師    川井康郎さん(原子力市民委員会、FoE Japan、
             プラント技術者の会、八千代9条の会メンバー)           
 
総 会 報 告  
第13回総会 2018/3/25
・2017年度 活動報告、会計報告承認
 
・2018年度 世話人選出 以下9名
小野寺力(みつわ台)鎌倉淑子(都賀の台)木村忠彦(みつわ台)崎山比早子(西都賀)
高見みほこ(みつわ台)浪岡尊志(高品)山田安太郎(みつわ台)渡辺政一(千城台)渡辺正史(加曾利)
 
世話人会にて役割分担を決定
代 表:木村 副代表:鎌倉・崎山
会 計:高見 総 務:小野寺・浪岡
・渡辺(政)・山田・渡辺(正)
 
・2018年度活動方針
安倍首相の憲法9条改憲に反対し、憲法を生かしていく活動に全力で取り組む。
3000万署名「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」活動を引き続き行う。
*目標1000筆
・議論したこと
*投票に行かない有権者(5割以上)にどう働きかけるかがカギなのではないか
*丁寧な対話をする
*発議をさせない、世論つくり
*毎月、日を決めて宣伝活動を行う
*同じ目的で活動する他団体と協力する
・財政について
カンパで会を支えて下さっているみなさまに感謝。会費制をとっていないので、広くあさくのカンパが望ましい。(年間1000円くらい)大変な1年になりそうです。力を合わせましょう。  
どうぞよろしくお願いいたします。
 
みんなで、論点を出してみませんか
♡私たちの暮らしはどうなっているか
福祉(保育、介護、医療)の個人負担は年々重くなっているのでは?
教育費はどうなっているか“安倍政権の無償化(高校)や給付奨学金(大学)”はチョットアブナイ。
 
♡働き方は非正規雇用が増えているし、“女性が輝く”とは程遠い。非正規で働く、シングルマザーの娘を孫の面倒を見ながら支える低年金の高齢女性を知っている。
 
♡私たちはまじめに働いて普通に暮らしたいと願う。平和の中に生きたい。それが叶わないのは、何故か。
 
♡思想良心の自由、表現の自由、人権、差別されない人としての尊厳が大切。(ハンディキャップがあっても、子どもであっても)
 
安倍政権は、1基1000億円するイージスアショアを2基導入すると閣議決定した。オスプレイを17機3600億円で米国から購入。
▼武器輸出入に一生懸命で、私たちの暮らしといのちに無関心なのが安倍政権なのではないか。
 
 
武者小路公秀 大石芳野 小沼通二 池内了 池辺晋一郎 髙村薫 島薗進 
 
 米国のトランプ政権は、昨年から検討を進めてきた「核態勢の見直し(NPR)」を2月2日(日本時間3日)に公表した。その内容は2010年のオバマ政権の「核態勢の見直し」を否定し、歴史の流れを逆行させるものである。特に、小型核兵器を開発し、通常兵器など核兵器以外による攻撃に対しても核兵器使用がありうるとしたのは、世界の核軍拡を加速させ、相手の核攻撃も誘発させるものである。これでは他国の核兵器の放棄を実現させようとの政策と整合性がない。
 この度の政策は、昨年成立した核兵器禁止条約に真っ向から挑戦するものであり、米国も加盟している核兵器不拡散条約の、核軍備競争の早期停止と核軍縮についての誠実な交渉の約束にも明らかに違反するものである。
 核兵器による放射能被害は小型化しても全世界に及ぶものであって、核戦争により安定した平和をもたらすことはできない。どのような条件の下でも、すべての核兵器は使用も威嚇もしてはいけないのである。
 ところが河野太郎外相は、直ちに「高く評価する」との談話を発表した。これは、広島と長崎の被爆以来、被爆者を中心にして日本国民が一貫して追求してきた核兵器廃絶を目指す努力を否定するものである。さらに毎年8月に行われて来た広島と長崎における式典時やオバマ大統領の広島訪問時の、安倍晋三首相自身の発言とも明らかに矛盾する。
私たち世界平和アピール七人委員会は、トランプ政権と安倍政権に抗議し、「核態勢見直し」と河野外相談話との撤回を求める。            2018/2/7
                             HPより転載
 
お 出 か け 情 報
憲法「改正」問題を考える
~~自衛隊条項を憲法に加えることの意味~講演:水島朝穂さん(早稲田大学教授・憲法学)
日時: 4月21日(土)13:30~16:30
場所:千葉県弁護士会館3階講堂
主催:千葉県弁護士会 043-227-8431
入場無料 手話通訳あり
 
県政検証シンポジウム: 千葉県政に期待すること
A教育(道徳教科化、高校入試、高校統廃合)  
B 医療・福祉(国民健康保険、介護、生活保護)
C 平和(木更津オスプレイ、基地問題、憲法)
             3分科会 会場カンパあり
日時:4月22日(日)13:30~16:30
場所:千葉土建7階ホール(中央区旭町17-3)
主催:新しい知事を選ぶ会ちば
090-5552-6445
 
講演会:放射性廃棄物搬入規制条例の現状
演者:北村 喜宣氏(上智大学法学部教授)
日時:4月22日(日)15:45~17:15
場所:千葉市生涯学習センター小ホール
参加自由     資料代:500円
講演後総会あり
主催:千葉県放射性廃棄物を考える市民連絡会 TEL080-4868-7388
 
元自衛隊員が語る驚きの真実!​憲法に自衛隊を書き込むってどういうこと?
日時:4月28日(土)13:30~15:00
場所:四街道文化センター 301・302
講師:井筒高雄さん(元陸自レンジャー隊員)
主催:千葉9区市民連合  参加費:無料
 
5/3 (木)11:00 スタート
有明防災公園(ゆりかもめ 有明駅徒歩2分)
連絡先:九条の会03-3221-5075  ほか
 
 シール投票「憲法9条守る?変える?」
日時:5/4 (金・祝)午後2:30~4:00 
場所:千葉都市モノレール動物公園駅陸橋上
 
 
5.5 千葉県憲法集会
と き:5月5日(土・祝)14時~
ところ:千葉市文化センターホール
記念講演:「安倍9条改憲はこの国をどこへ導くのか」小沢隆一さん(東京慈恵医科大学・憲法学)
参加費: 500円
主催:憲法を守りいかす千葉県共同センター・
千葉県憲法会議  043-225-5576
 
5/6 憲法を変えさせない市民の集い
日 時:5月6日(日)13:30~
会 場:千葉県教育会館 会議室501
講演:「安倍9条改憲と自衛隊 そして国民の生活は?」講師:半田滋さん(東京新聞論説委員兼編集委員)資料代 500円
主催:憲法を活かす会・千葉県協議会
 
「九条に自衛隊を書き込む狙いは何か」
日 時:6月2日(土) 13:30~16:00
場 所:千葉市民会館 大ホール
講 師:木村草太さん
主 催:九条の会・ちばけん/九条の会
・千葉地方議員ネットワーク 参加費500円
 
編 集 後 記
3000万署名を集めてお送りくださいましてありがとうございます。再度お願いをします。       
(鎌倉)