若葉・九条の会ニュースレター No 51      
                          2013.06.12発行
                             ホームページhttp://wakabaarticle9.com/
                    代表 木村 忠彦043-255-3904 
            
 6月定例会 お知らせ
   ~~~ 崎山比早子さんと共に考える ~~~
 これからの命のためにすべきことは?  
 講演 崎山比早子さん 医師・元放射線総合医学研究所主任研究員
             高木学校・若葉九条の会副代表
崎山さんは東電福島第一原子力発電所の事故(2011/3/11)後、国会事故調査委員会の委員として調査、聞き取りに当たられました。貴重なお話しをお聞きします。  
私たち今を生きる大人は、何ができるでしょうか?
 
と き: 6月23日(日)14:00~16:30
ところ: みつわ台公民館 講堂   短いDVD 上映予定
参加費: 無料
 
民 意 は ど こ に?  
            
(当日の風景)
♣ あなたは、憲法9条を守る?変える?    全国シール投票結果報告
千葉市モノレール動物公園駅陸橋上 4月28日 14:00~16:00
     守る 154人  変える 20人  わからない37人
         73.0%      9.5%       17.5%
全国55箇所   71.5%     16%        12.5%
 この民意は、各地新聞紙上に記事として載り、国会議員に届けられました。
 
♡ 6/2 NO NUKES DAY
「次の世代が生き延びることを妨げないこと」が私たちの倫理で、「政治的、経済的」ではない・・・             大江健三郎 スピーチから
6/2 16:00~20:00 国会大包囲人間の鎖「原発反対・原発やめろ・子どもを守れ」
 
行ってきました NO NUKES DAY
 6月2日(日)「6.2 NO NUKES DAY」の集会が国会議事堂周辺で開催された。この会は「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」「首都圏反原発連合」の3団体が合同で行い、最後は全員で国会議事堂を取り囲むというもので、全体で約6万人が参加した。私は芝公園での集会(参加者約7,500人)から新橋駅までのデモに参加をしてきたのでその報告をする。
 前日の天気予報が大きく外れ快晴に恵まれた芝公園はそれぞれの思いを書いたプラカードやゼッケンを持った全国からの参加者であふれいつもの如くだが、集会では、落合恵子氏が「3.11を忘れかけていることの危機感と参院選での反原発の意思表示を確実にすることの必要性」を、大江健三郎氏が「現政権には次世代を守るという「倫理」が欠如していること」を、鎌田慧氏は「財界の利益を優先させて原発再稼働を目論んでいる現政権の非合法性」をそれぞれ強く訴え、そして、福島で農業を営んでいる渡辺ミヨ子さんから未だに続くヒバクへの恐怖心と生活の崩壊の模様が述べられた。
 暴走する安倍政権に対する危機感をつのらせてか、例年に比べ若年層が多いとの印象を受けた。首都圏大学ネットワークのプラカードを中心に都内大学のノボリがはためき、新橋までのデモ隊の中には若い主婦やOLの姿も数多く見られた。政財界・マスコミが一体となって「一億総右傾化」を進めている潮流の中、小さな人間一人ひとりが力を合わせること、その輪を更に拡げることの必要性を痛感した日曜日であった。 
                             (西都賀・崎山 樹)
(当日のスナップより)
 
憲法96条改正反対で超党派の議員連盟
96条は、改憲案を提案できる要件を衆参両院で三分の二以上の賛成が必要と規定。自民党や維新の会は両院の過半数の賛成で発議できるように緩和する96条改正の先行実施を目指している。
「権力を縛る憲法を、権力側が変えやすくすることの問題点を訴えていく」と「立憲フォーラム」という名称で4月25日に設立総会。記念講演には武村正義元官房長官、藤井裕久元財務大臣。勉強会には半藤一利氏、小林節氏の名前も。インターネットから
        
九条の会からの訴え「九条の会のみなさんへ」
 2004年6月、私たちは「九条の会」を発足させ、「日本と世界の平和な未来のために、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、『改憲』のくわだてを阻むため、一人ひとりができる、あらゆる努力をいますぐはじめること」をよびかけました。これに応え、全国各地、各分野に7,000を超える「九条の会」が結成され、それぞれが創意あふれる運動を展開してきました。私たちはみなさんのこの間のご努力に心から感謝し、敬意を表します。しかし私たちは今、その努力を飛躍的に強めることが求められる重大な局面を迎えています。
 安倍内閣・自民党は小選挙区制という極端に民意をゆがめる選挙制度の力で得た虚構の多数を背景に、改憲に向けて暴走しはじめました。安倍首相はその入り口として憲法96条をとりあげ、現在衆参それぞれの3分の2の賛成とされている憲法改正の発議要件を過半数に緩和するとしています。これが、時々の多数派のつごうで憲法を変えられる状況をつくりだし、立憲主義を破壊するものとなることは明らかです。
 しかも安倍首相の真のねらいは、96条改憲を突破口に、9条改憲につきすすむことにあります。
 すでに自民党は「日本国憲法改正草案」を作成し、第9条については、自衛隊を国防軍として個別的・集団的自衛権の行使やアメリカの組織する多国籍軍への参加を可能にするよう改変しています。また、軍法会議の設置や軍事秘密保護法の制定、首相による非常事態宣言の発令など、「戦争をする国」をめざした体制づくりを全面的にすすめようとしています。
 同時に安倍首相は、憲法の明文改憲が実現する以前にも、憲法の解釈変更によって「憲法9条のもとでは許されない」とされてきた集団的自衛権の行使を可能とし、海外でアメリカと一体となった武力行使をおこなおうとしています。
 私たちは憲法9条の精神を根本から否定する明文・解釈両面からのこうした企てを絶対に許すことはできません。そのため、全国の「九条の会」のみなさんに、あらためてつぎのことをよびかけます。
◎全国の「九条の会」は明文・解釈両面からの改憲攻撃について学習と話し合いをおこない、その成果をふまえ職場・地域の草の根から改憲反対の世論をつくり、安倍内閣や改憲勢力を包囲しましょう。
◎「九条の会」の輪をもっともっと大きくし、ゆるぎない改憲反対の多数派を形成しましょう。
◎ブロックごと、都道府県ごとの交流集会を開き、お互いの経験に学びあい励ましあいましょう。その成果をもって「全国交流・討論集会」(11月16日、於・東京)に参加しましょう。   
                                                                    2013年5月17日   「九条の会」よびかけ人一同
 
 
おでかけ情報
「96条の会」発足記念シンポジウム「国民の総意なき憲法改正に抗して」
6月14日(金)18:30~
上智大学四谷キャンパス8号410室
基調講演:樋口陽一
パネルディスカッション:杉田淳・長谷部恭男・小森陽一、山口二郎・岡野八代
四街道九条の会「8周年記念のつどい」 
6月16日(日)14:00時~
講演 小森陽一「井上ひさしと憲法」
◇「平和を願う市民のつどい」
 6月16日(日)14::00~
成田市中央公民館
講演:平和憲法が危ない!!
講師:五十嵐仁さん(法政大学大原社会問題研究所教授)
壊憲NO!96条改悪反対1000人集会 
6月18日(火)20:30~
東京豊島公会堂(JR池袋東口)
講演:奥平康弘(東大名誉教授)
  96条改正は憲法の死刑宣告
共同代表:内田雅敏 山口正紀他
「フタバから遠く離れて」 上映会とお話し会
6月22日(土)12:50~ 
大網白里市保健文化センター3F
13:00上映/休憩後
15:00お話し  双葉町前町長井戸川克隆
参加費:1500円  問合わせ:090-8463-8274
 ◇これからの命のためにすべきことは? (前掲)
6月23日(日)14:00~
みつわ台公民館 講演:崎山比早子さん
▼「なぜ、憲法96条改定なのか」
6月23 日(日)14:00~ 
千葉市蘇我勤労市民プラザ3F
講師:広瀬理夫弁護士 
憲法とくらしを考える会
八千代・九条の会8周年記念の集い
6月27日(木)14:00~
勝田台文化センターホール(500円)
記念講演「改憲派の動きと憲法九条を守る運動」渡辺治(一橋大学名誉教授)
□千葉市空襲68周年 戦争を繰り返さないための集い2013
7月6日(土)10:30~16:00
きぼーる 11F中央保健福祉センター
千葉市空襲と戦争を語る会/千葉・戦争体験を伝える会
●安倍改憲で、日本はどうなるマスコミ9条の会緊急集会
7月6日(土)13:30~16:30
明治大学リバティタワー1001号室
講演:高橋哲哉・雨宮処凛・桂敬一
会費1000円(学生500円)  主催:マスコミ9条の会
◎ 第26回平和を願うコンサート 愛と平和のうた
7月7日(日)14:00pm開演
千葉市教育会館ホール
前売券 1800円/当日券2000円